表示の切り替え

  • パソコン
  • スマートフォン

ホーム  >  IR情報 >  ESGに対する当社の考えと取組み状況 >  G(企業統治:Governance)の取組みについて

このページを印刷する
文字サイズの変更

G(企業統治:Governance)の取組みについて

すべてのステークホルダー(利害関係者)の「期待」を、「持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を実現する。」「グローバル社会の中、社会的使命と責任を果たす。」「経営理念や経営方針等を具現化し、『信頼される企業』であり続ける。」と認識し、「期待」を具現化するために、コーポレート・ガバナンスを重要な経営課題と位置付けて取組んでいます。
コーポレート・ガバナンス報告書に記した取組みについて、ホームページでは、「基本的な考え方」「ガバナンス・コードに関する取組み」「体制の概要」「体制の選択理由」を始め、「取締役会」「内部統制委員会」「情報セキュリティ委員会」などの体制の役割、「リスク管理体制の整備状況」「適時開示体制」など、項目別に開示しています。また、「役員報酬の決定方針」「報酬額の総額」についても開示しています。