表示の切り替え

  • パソコン
  • スマートフォン

ホーム  >  IR情報 >  経営情報 >  ESGに対する当社の考えと取組み状況 >  S(社会:Social)の取組みについて

このページを印刷する
文字サイズの変更

S(社会:Social)の取組みについて

「クレスコライフ」

クレスコは創業時より、「財産は人である」「常に人間の心を大切にする会社である」と考えています。40年以上ぶりの高水準を記録している有効求人倍率の上昇、少子高齢化という日本が直面している現実、そして、IT業界で優秀なエンジニアの流動化がますます進んでいる現状を踏まえ、「人材の確得、人材の育成、働きやすく、働き甲斐のある職場環境の整備」こそが、ESGにおいてマネージすべき最大のリスクであると考えています。一方で、このリスクをコントロールすることが、同業他社との比較における、持続的な成長差異につながり、クレスコの「強み」になると考えています。

特に近年、「働きやすく、働き甲斐のある職場環境の整備」に力を入れています。2016年度4月からスタートした5ケ年のビジョン『CRESCO Ambition 2020』で「挑戦する企業集団」「洗練された技術力と確かな品質」「ひとりひとりが輝くクレスコ」の3つのテーマを掲げ、会社としてとるべき舵の方向性を明確に示しています。

人を大切にする文化は今も変わることなく、公私ともに充実した「クレスコライフ」が送れるよう、様々な制度に目を向け、環境を整えるべく尽力しています。
また、「ワクワク感が、クレスコの明るい未来を拓く」と考え、ビジョンや理念は、会社の目標達成だけでなく、社員の夢の実現にも繋がっているべきものと経営陣も明言しています。クレスコの社員は「会社が何のために存在しているのか」ということを常に意識し、行動し、社内は" やるとなったら、みんなで一つになって、やり抜く "という気風に満ちています。
オープンで明るい社内の雰囲気のなか、プラス思考で生き生きと働く姿や「ワクワク感」こそが、企業にとって大きな活力になるものとクレスコは信じています。

「社員の姿」を公開

働き方に関する指標を重要なKPI(重要業績評価指標)であると認識し、「社員の姿」としてホームページ上で公開しています。
具体的に公開している内容は、「社員の構成(女性比率、障がい者雇用人数、外国籍人数 含む)」「管理職の構成(女性比率 含む)」「年齢の構成」「平均勤続年数」「入社・退職率(新規卒業者入社女性比率 含む)」「平均年齢・平均年間給与」「月間時間外労働時間・有給休暇取得率」「育児休業の取得数」などで、ヒストリカルなグラフ形式で見やすく開示しています。

多様な人材の活躍推進(ダイバーシティ経営)

「クレスコ憲章」の中で「クレスコ は人間中心、実力本位の会社である」を掲げています。学歴・男女・国籍など本人自身のステータスによらないあらゆる差別を排除し、本人の人間性・実力により公平・公正に処遇しております。意欲と適正があれば誰にでも管理職への道が開かれています。

  1. 仕事と育児の両立支援と、女性の活躍推進

    クレスコは、仕事と私生活(子育て、介護、自己啓発活動等)を、自分が望むバランスで実現する「ワークライフバランス」を大切にしています。2011年4月~2016年3月の5カ年計画、次なるステージへの挑戦と成長をテーマとした『次世代クレスコ』の中で、「女性が活躍できる職場」として、女性が積極的に管理職を目指せる仕組みづくりや、結婚・出産後も継続して働ける職場環境づくりに取組みました。法定制度の枠を超えて設計した「仕事と育児の両立支援制度」は、男女問わず多くの社員が利用しています。
    クレスコは厚生労働大臣の認定である「子育てサポート認定事業主マーク(くるみん)」を、2010年から3期連続で取得しています。また、2017年9月には女性活躍推進に関する取組み状況が優良であると認められ、厚生労働大臣から認定マーク「えるぼし」の最高位の認定を受けました。

  2. 障がいのある方の採用

    未来へ向けて成長を牽引する多様な人材として、障がいのある方の採用をさらに拡大する必要があると考え、クレスコでは、2008年から障がいのある方の採用を継続的に行っています。2012年には新規卒業で視覚障がいの方が盲導犬同伴で入社し、その後も聴覚障がいの方、知的障がいの方が入社しています。配属部署の社員は事前に、盲導犬協会や職業能力開発センターの方から、障がいの特性、注意を払う点、フォローの仕方などの説明を受け、障がいのある方が働きやすい環境を整えています。2018年4月1日時点で17人が社員として働いています。

  3. 外国籍の方の採用

    クレスコでは国籍に関わらす、採用を行っています。
    2018年4月1日時点で12人が社員として働いています。

  4. 新規卒業者を対象とした「ユニーク採用枠」

    クレスコでは、次世代に向けた多様な人財を求めて、「これだけは負けない!」という経験や実績がある方の努力・挑戦・情熱には大きな価値があると考え、2013年度の新規卒業者採用からユニーク採用枠を設けています。エントリー部門は「スポーツ部門」「IT部門」「ユニーク部門」「専門分野資格取得部門」「外国語部門」「ユニークな思考・経験を持つ外国人部門」があります。

ITプロフェッショナルを育てるための独自の人財育成

クレスコでは、「資質」「人間力」「仕事力」「技術力」の4つの力を、職務で能力を発揮する要件と考えています。クレスコの財産は人材であると考え、「技術力」「仕事力」「人間力」を向上させるための人財育成を積極的に推進し、OJTを中心とした教育プログラム開発に取組み、環境を整備しています。
新規卒業採用予定者には、入社前からコンピュータおよび情報処理の基礎的な技術や知識を学ぶメニューを設け、入社後直ぐに実施される情報処理技術者試験(国家資格)の合格に向けた支援をしています。
社員には各職種で必要とされるスキルを学ぶ「専門スキル教育」、様々なビジネスシーンに対応する力をつける「ビジネス基礎教育」、各職層に応じた「階層別研修」、ロールモデルから学ぶ「コーチング/メンタリング」、“こうありたい”という意欲を実現する「社員能力アップ支援」などがあります。また、資格取得支援として、受験料の補助、資格取得報奨金の支給、研修費用の補助を行っています。

生活・健康・楽しさがテーマの「福利厚生」

生活

社員共済会、新規卒業者赴任支援制度、住宅金利優遇、従業員持株会、財形貯蓄、確定拠出年金制度などがあります。

健康

各種社会保険の加入、定期健康診断/人間ドックの受診料補助、社員健康管理支援として外部機関に委託している健康相談窓口やメンタルヘルス相談窓口、「ストレスチェック」などがあります。

楽しさ

加入している健康保険組合の保養所、スポーツ施設、フィットネスルームの利用が可能なほか、社内では多くのクラブ活動があり、ゴルフコンペ等の社内レクリエーションも開催しています。また、年次有給休暇とは別に「メモリアル休暇」として独身者は誕生日、既婚者は結婚記念日を休暇として取得できます。