表示の切り替え

  • パソコン
  • スマートフォン

ホーム  >  IR情報 >  経営情報 >  トップメッセージ 株主・投資家のみなさまへ [33期 中間]

このページを印刷する
文字サイズの変更

トップメッセージ株主・投資家のみなさまへ [33期 中間]

株主・投資家のみなさまには日頃から格別のご支援をいただき、心よりお礼申し上げます。

当期の経営方針

クレスコグループは、事業機会を着実に取込み、さらなる飛躍を果たすため、2016年4月に5ヶ年のビジョン『CRESCO Ambition 2020』をスタートし、業績の達成、重点施策の具現化、企業価値の向上を目指しています。当期は、最終年度にあたります。

CRESCO Ambition 2020


当期は経営方針に「『CRESCO Ambition 2020』に沿った経営」「新規顧客の獲得および事業ポートフォリオの最適化による受注の確保」「先端技術を活用した高付加価値ビジネスの創出による利益の拡大」「働き方改革への継続的な挑戦による生産性および社員満足度の向上」「アライアンスの推進による成長力の加速」を掲げ、12項目の対処すべき課題に取組み、事業を推進しています。

対処すべき課題
  • 新規ビジネスの組成と新技術の研究・開発
  • 新規顧客の獲得およびお客様とのリレーションシップの強化
  • 鉄板品質の提供
  • 生産性の追求
  • 開発に従事する人材の確保
  • 人材の採用と育成
  • 働き方改革の推進
  • 健康経営の推進
  • ダイバーシティへの取組み
  • M&A・アライアンスの推進とグループ企業に対する管理の強化
  • コーポレートガバナンスの推進
  • 事業ポートフォリオの最適化と柔軟な組織経営

当中間期の経営環境と、今後の見通し

当中間期の経営環境は、新型コロナウイルスの世界的な拡大により、第1四半期は、国内外の経済活動が停滞しました。第2四半期に入り、景況感は、やや持ち直したものの、先行きの不透明感は拭い切れず、これまでのような企業活動の勢いには至りませんでした。クレスコグループでは、新型コロナウイルスが猛威を振るう中、社員や関係者への感染防止対策にいち早く取組みました。また、経営方針に則り、環境の変化に即した顧客ポートフォリオおよび事業体制の見直しや、既存顧客を中心とした受注量の確保、人工知能(AI)やクラウドを取込んだ新規事業・サービスの開発に注力すると共に、在宅勤務制度の構築、社内のデジタル変革(DX:デジタルトランスフォーメーション)の推進、オフィススペースの最適化など、攻めの施策を実行しました。

また、エバンジェリスト(伝道者)活動の一環として、技術研究の成果発表や各種サービス・ソリューションのプロモーション活動を推進しています。活動内容は「エンジニアブログ」でご紹介しています。その他の取組み実績は、当社ホームページのニュースでご紹介していますので、ご覧ください。

当中間期の業績は、厳しいものとなりましたが、コロナショックは、ある意味、これまでの価値観や業界構造を変化させる機会にもなりました。ウィズコロナ・アフターコロナを踏まえた「新しい生活様式」や「ニューノーマル(新常態)」が徐々に定着する中、「デジタル変革」に対する潜在的な投資意欲は、むしろ加速し、委縮しているIT投資も、中長期的には拡大するものと考えています。

先行きへの不透明感が払拭できない状況が続いておりますが、当社は、次なるステップに向けた成長投資を実行できる、十分な手元資金と強い財務基盤を持っています。社内のデジタル変革をはじめ、M&Aや新規ビジネスの組成など、事業の成長に必要な投資は継続し、今後も事業を取巻く環境の変化を注視し、デジタル変革需要を的確にとらえ、積極的に事業を推進してまいります。

代表者写真

2020年11月
代表取締役会長 取締役会議長 岩﨑 俊雄
代表取締役 社長執行役員 根元 浩幸