表示の切り替え

  • パソコン
  • スマートフォン

ホーム  >  IR情報 >  経営情報 >  トップメッセージ 株主・投資家のみなさまへ [32期 中間]

このページを印刷する
文字サイズの変更

トップメッセージ株主・投資家のみなさまへ [32期 中間]

株主・投資家のみなさまには日頃から格別のご支援をいただき、心よりお礼申し上げます。中間期の業績と取組みについて、ご報告いたします。

当期の経営方針

クレスコグループは、事業機会を着実に取込み、さらなる飛躍を果たすため、2016年4月に5ヶ年のビジョン『CRESCO Ambition 2020』をスタートし、業績の達成、重点施策の具現化、企業価値の向上を目指しています。

CRESCO Ambition 2020


当期は経営方針に「『CRESCO Ambition 2020』に沿った経営」「サービス品質の強化による質的成長」「リソースおよび技術戦略の強化による量的成長」「M&Aによる成長スピードの加速」を掲げ、11項目の対処すべき課題に取組み、事業を推進しています。

5ヶ年ビジョンに沿った継続課題
  • 鉄板品質の提供
  • 生産性の追求
  • リソース戦略の強化
  • 人材の採用と育成
  • 新技術の研究・開発
  • グループ連携の強化
  • 営業体制およびお客様とのリレーションシップの強化
  • 新規ビジネスの組成
  • コーポレートガバナンスの推進
  • 健康管理と働き方改革の推進
  • ダイバーシティへの取組み

当中間期の経営環境

米中経済摩擦や日韓関係、中東情勢等の動向が影響し、景気の足踏み感が増すなど、懸念事項はありましたが、2020年開催の東京オリンピックに関連するインフラ整備やインバウンド需要の拡大に加え、底堅い内需が後押しし、経営環境は堅調に推移しています。また、企業の競争力と成長力を強化するための「第4次産業革命」や「働き方改革」「労働力不足」に対する取組みは、「デジタル変革(デジタルトランスフォーメーション:Digital Transformation:DX)」の潮流を背景に、ソフトウェア開発、システム開発のさらなる需要を喚起しています。

クレスコグループは、アプリケーション開発技術、IT基盤システム構築技術、組込み技術のコア技術に、人工知能(AI)、ロボティクス、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)等の先端技術を加えた幅広い事業領域を持ち、優位性を発揮できる機会となっています。反面、IT技術者不足は、業績拡大のボトルネックになっています。

当中間期の取組み

当中間期は、品質管理体制およびプロジェクト監査の強化や、市場の変化に即した顧客ポートフォリオおよび事業体制の見直しを図るとともに、新規顧客の開拓、先端技術を取込んだ新規事業やサービスの開発に注力しました。また、開発体制の拡充(ニアショア、オフショア)および営業方針の見直しを通じて、リソースに応じた適正な受注量の確保と顧客満足度のさらなる向上に努めました。

当社では、「健康経営」にも取組んでいます。創業理念「クレスコ憲章」で、「クレスコは人間中心、実力本位の会社である」と掲げています。企業活動の中心である社員が、心身ともに健康で、自己の能力・実力を最大限に発揮できる職場づくりを進めています。

その他、当期の取組み実績は、当社ホームページのニュースや「エンジニアブログ」でご紹介していますので、ご覧ください。

当期の見通し

2019年9月の日銀短観の景況感が大企業製造業を中心に悪化するなど、内外の先行き不透明感が増したものの、事業環境自体は「攻めのIT経営」を主眼としたデジタル変革や2020年開催の東京オリンピック、インバウンドへの対応などが下支えとなり、概ね良好に推移すると予測しています。IT投資は、企業規模や業種、業態によって濃淡があるものの、クラウドや人工知能等の技術を利用した製品やサービスの導入を通じて、事業の変革を図り、価値創出や競争優位を確立するトレンドが継続し、引合いは増加する見込みです。一方、需要の拡大に伴い、人材の不足感は依然否めず、継続的な人材の獲得・育成、生産性および品質の向上、開発体制の強化は、経年の優先課題です。

クレスコグループは、他社とのアライアンス推進、オープンイノベーション・産学連携による新ビジネスの創出に注力し、事業の柱であるソフトウェア開発事業、組込み型ソフトウェア開発事業において、技術および品質面でのさらなる強化を図り、質的および量的な成長を通じて、持続可能な社会の発展に貢献します。

2019年11月
代表取締役 会長 岩﨑 俊雄
代表取締役 社長執行役員 根元 浩幸