表示の切り替え

  • パソコン
  • スマートフォン

ホーム  >  IR情報 >  経営情報 >  トップメッセージ 株主・投資家のみなさまへ [23期 第1四半期]

このページを印刷する
文字サイズの変更

トップメッセージ株主・投資家のみなさまへ [23期 第1四半期]

熊澤修一 写真

代表取締役社長熊澤 修一

株主のみなさまには、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて、当社企業グループ2011年3月期の第1四半期決算がまとまりましたので、ご報告申し上げます。

当事業年度は、次期中期経営計画に向けた足元固めとなる重要な1年と位置づけて「大改革」を断行し、「利益の出る体質、体制への刷新」を図っております。主要施策は以下のとおりです。

  • 組織の大改革擬似カンパニー制の導入による組織の自律化推進
  • ソリューション営業の強化付加価値の高いサービスビジネスの展開
  • コスト構造の抜本的な見直しクレスコ版事業仕分けの実施と組織のスリム化
  • グループ経営基盤の強化と再構築株式会社アイオス、株式会社インフィニードの完全子会社化

当第1四半期(平成22年4月1日~平成22年6月30日)の経営環境を振り返ってみますと、景気の不透明感は拭えないものの、改善基調は実感いたしました。しかし、各企業の業績は回復しているものの、IT投資を積極的に行なう水準までには未だ至っておらず、マーケットの回復と受注予測は我々の想定を下回る結果となりました。特に、当社企業グループの主要事業であるソフトウェア開発は、市場のニーズの変化(「作る」から「使う」へ)とコスト削減意識の高まりからアプリケーションを中心に案件が小規模化しており、採算性と稼働率のバランスが課題となっております。また、組込み型ソフトウェア開発についても主要顧客のグローバル化や価格低減要請への対応など課題も多く、事業全体の中期的な見通しが立てにくい状況となっております。

IT産業は、今まさに成熟期であり、競争はますます激化の様相を呈しておりますが、当社企業グループといたしましては、景気回復の波をしっかり読み取り、多様化するマーケットニーズへの対応と体質改善こそが商機を呼び込む鍵と捉え、数々の経営課題の克服に努めてまいりました。

当第1四半期決算の詳細につきましては、「平成23年3月期 第1四半期決算短信pdf(116KB)」をご覧下さい。

当第2四半期は、新入社員が新たな戦力として配属され、組織全体が活性化する時期でございます。
今後も、新たな子会社2社を含めた企業グループ体制(営業拠点、事業シナジー)を活用し、戦略的・網羅的な提案営業に注力するとともに、新たな収益源となるビジネスモデルを展開してまいります。また、経営ビジョンとして掲げております企業の「メインITソリューション・パートナー」として、お客様に密着した価値提供型のビジネスを展開し、当社企業グループ一丸となった「ワンストップ・ソリューション」を通して需要の掘り起こしを行っていく所存です。

株主のみなさまにおかれましては、今後とも一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2010年6月