表示の切り替え

  • パソコン
  • スマートフォン

ホーム  > IR情報 > 財務・業績情報 > 財政の状況

このページを印刷する
文字サイズの変更

財政の状況

2022年3月期 第1四半期 の概況

当第1四半期連結会計期間末における資産総額は前連結会計年度末に比べ、12億8百万円減少し、291億33百万円となりました。負債合計は前連結会計年度末に比べ、14億76百万円減少し、93億80百万円となりました。

■ 流動資産

前連結会計年度末に比べ11億75百万円減少し、189億3百万円となりました。
これは主に、受取手形、売掛金及び契約資産(前連結会計年度末は「受取手形及び売掛金」として表示)が11億13百万円減少したことによるものです。

■ 固定資産

前連結会計年度末に比べ、32百万円減少し、102億29百万円となりました。
これは主に、のれんが22百万円、ソフトウェアが14百万円それぞれ減少したことによるものです。

■ 流動負債

前連結会計年度末に比べ、13億36百万円減少し、58億16百万円となりました。
これは主に、これは主に、「その他」に含まれる預り金が3億84百万円増加したものの、未払法人税等が9億76百万円、賞与引当金が7億97百万円それぞれ減少したことによるものです。

■ 固定負債

前連結会計年度末に比べ、1億39百万円減少し、35億64百万円となりました。
これは主に、退職給付に係る負債が27百万円増加したものの、長期借入金が1億67百万円減少したことによるものです。

■ 純資産

前連結会計年度末に比べ、2億67百万円増加し、197億53百万円となりました。
これは主に、その他有価証券評価差額金が15百万円減少したものの、利益剰余金が2億82百万円増加したことによるものです。