表示の切り替え

  • パソコン
  • スマートフォン

ホーム  > IR情報 > 財務・業績情報 > キャッシュフローの状況

このページを印刷する
文字サイズの変更

キャッシュフローの状況

2020年3月期 第2四半期 の概況

当連結会計年度末の現金および現金同等物の期末残高は、前連結会計年度末と比べ5億73百万円増加し、67億 74百万円となりました。

■ 営業活動によるキャッシュ・フロー

16億90百万円の収入(前第2四半期連結累計期間3億51百万円の収入)となりました。
これは主に、法人税等の支払額が7億34百万円、たな卸資産の増加額が1億50百万円あったものの、税金等調整前四半期純利益が16億50百万円、売上債権の減少額が6億38百万円、仕入債務の増加額が2億24百万円があったことによるものです。

■ 投資活動によるキャッシュ・フロー

7億42百万円の支出(前第2四半期連結累計期間4億66百万円の支出)となりました。
これは主に、投資有価証券の償還による収入が7億4百万円、投資有価証券の売却による収入が6億78百万円、有価証券の売却による収入が2億99百万円あったものの、投資有価証券の取得による支出が19億51百万円、無形固定資産の取得による支出が2億65百万円、有価証券の取得による支出が1億29百万円、有形固定資産の取得による支出が46百万円あったことによるものです。

■ 財務活動によるキャッシュ・フロー

財務活動によるキャッシュ・フローは3億74百万円の支出(前第2四半期連結累計期間6億83百万円の支出)となりました。
これは主に、長期借入れによる収入が20億円あったものの、自己株式の取得による支出が18億53百万円、配当金の支払額が3億71百万円、長期借入金の返済による支出が1億57百万円あったことによるものです。