IRポリシー

 

当社は以下の基本方針に基づきIR活動を推進してまいります。

1.IR活動の目的と基本姿勢

当社のIR活動は「株主や投資家の皆様に、当社の企業経営、企業活動の内容を理解してもらうことによって、当社の価値を正当に評価していただくための活動である」と捉えております。その為にも「充実した情報(経営戦略、業績等)」を「公平」「正確」「適時」にお伝えすることを基本姿勢としております。

2.開示の基準

当社では証券取引法及び東京証券取引所の定める適時開示規則に従って開示を行っております。また、関係法令に該当しない情報についても、株主、投資家の皆様のご期待に応えるべく、できるだけ積極的かつ公平に開示する方針を持っております。

3.情報の開示方法

当社が公開する情報は有価証券報告書等の財務局提出、東京証券取引所が提供する開示システム(以下、TDnet)の利用、会社説明会の開催等により、開示しております。また株主の皆様には事業報告書を送付させていただき、事業の進捗状況をお伝えしております。

4.将来の見通しについて

当社が開示する情報の中には、「将来の見通しに関する記述」が含まれている場合がありますが、これら予測は、現在入手可能な情報に基づくものであり、経済情勢や市場動向の変化などによって、将来の見通しが実際の業績と異なる可能性があります。

5.当ホームページの位置づけ

当ホームページでの情報開示はあくまで補助的な開示手段と考えております。従って、関係法令に基づく開示も併せてご覧下さい。また、情報内容につきましても、必ずしも報道機関等に対して発表された物と同一でない場合や全ての発表された情報が掲載されているわけではありません。

6.IR自粛期間について

決算発表資料を準備している間に株価に影響を与える情報が漏れてしまうことを防ぐために、当社は、各四半期の決算発表日から遡る3週間を「自粛期間」と決めて、IR活動を自粛しております。この期間中は、決算内容に関してコメントすることや質問にお答えすることを控えさせていただきますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 

ページの先頭へ戻る