表示の切り替え

  • パソコン
  • スマートフォン

ホーム  > IR情報  > 経営情報  > 役員  > 選任理由・活動状況

このページを印刷する
文字サイズの変更

選任理由・活動状況

取締役

[選任:2020年6月19日]
氏名 選任理由 2019年度 活動状況
岩﨑 俊雄 当社企業グループ経営全般における豊富な経験を有しており、職務執行の監督をはじめ取締役として役割を果たすことによって、当社企業グループの企業価値の向上に寄与する人材であると判断して取締役候補とし、第32回定時株主総会で選任されました。

■取締役会
14/14回(100.0%)

根元 浩幸 当社の代表取締役社長に就任して以降当社および当社企業グループの経営全般を担っております。現在は、代表取締役社長執行役員として、その豊富な経験および知見をもとに職責を十分に果たしており、強いリーダシップによる当社および当社企業グループの企業価値の持続的向上を期待して取締役候補とし、第32回定時株主総会で選任されました。

■取締役会
14/14回(100.0%)

山元 高司 事業会社においてソリューション事業の責任者を歴任した後、現在は当社の事業全般を統括し、豊富な経験と実績を有しております。同氏の高い知見は、当社の重要な業務執行の決定ならびに監督に十分な役割を果たしており、当社および当社企業グループの継続的な成長のための適切な人材であることから、取締役候補とし、第32回定時株主総会で選任されました。

■取締役会
14/14回(100.0%)

杉山 和男 当社の経理・財務戦略を統括し、経理・財務に関する豊富な経験と実績を有しております。同氏は当社の経営強化および経理・財務に関する当社企業グループ各社の業務の効率化の推進において、その職責を.分に果たしており、当社および当社企業グループの継続的な成長のために適切な人材であると判断して取締役候補とし、第32回定時株主総会で選任されました。

■取締役会
13/14回(92.8%)

冨永 宏 当社のビジネスソリューション事業および管理部門の責任者を歴任し、当社の事業基盤の改善および働き方改革を推進してまいりました。現在は、豊富な経験に基づき、先端技術を活用した事業領域の拡大のほか品質管理の領域において、その職務を十分に果たしており、当社および当社企業グループの継続的な成長のために適切な人材であると判断して取締役候補とし、第32回定時株主総会で選任されました。

■取締役会
14/14回(100.0%)

粉川 徳幸 当社のエンベデッドソリューション事業に関して豊富な経験と実績を有しております。現在は、幅広い事業領域を統括する責任者として、顧客基盤の強化並びに収益構造の改善および強化において、その職責を十分に果たしており、当社および当社企業グループの継続的な成長のための適切な人材であると判断して取締役候補とし、第32回定時株主総会で選任されました。

新任のため、2019年度の活動はありません。

福井 順一 企業経営に関する幅広い知識と見識を有するほか、経営企画、広報等に関する豊富な経験と実績を有しております。同氏は、社外取締役として客観的な視点で当社の現況を評価するとともに、取締役会において当社のブランド・広報戦略について多くの助言、支援を行う等.分な職責を果たしており、当社および当社企業グループの継続的な成長のために適切な人材であると判断して取締役候補とし、第32回定時株主総会で選任されました。

■取締役会
14/14回(100.0%)

佐藤 幸恵 エグゼクティブコンサルティングの豊富な経験と実績を有するとともに、企業経営者として、経営全般に関する幅広い知識と見識を有しております。また、当社が求める、社外取締役としての高い倫理観、独立性、多様性への理解および公平性などの人格的要素も備えており、取締役会における客観的な視点での当社への助言、支援および業務執行に関する適切な監督が期待できることから、当社および当社企業グループの継続的な成長に適切な人材であると判断して取締役候補とし、第32回定時株主総会で選任されました。

新任のため、2019年度の活動はありません。

取締役 監査等委員

[選任:2019年6月21日]
氏名 選任理由 2019年度 活動状況
丹羽 蔵王 当社の管理部門の責任者を歴任し、人事・総務・コンプライアンスに関して長年にわたって積み重ねられた業務経験と知見は、監査等委員会の職責遂行に資するものと期待されることから、監査等委員である取締役候補者として適任であることから、選任しております。

■取締役会
14/14回(100.0%)
■監査等委員会
17/17回(100.0%)

臼井 義眞 弁護士としての法的視点および幅広い見識から企業法務の分野を中心に法令やリスク管理等に関わる豊富な業務経験を有しております。社外取締役または社外監査役となること以外の方法で直接企業経営に関与された経験はございませんが、経営の監視を遂行するのに適任であり、取締役会の監督機能の強化に資するものであるため、監査等委員である社外取締役候補者として適任であることから、選任しております。

■取締役会
13/14回(92.8%)
■監査等委員会
16/17回(94.1%)

佐藤 治夫 企業経営に関する幅広い知識と見識を有するほか、情報システムコンサルティングならびに情報システムの企画、設計および開発等に関する豊富な経験と知見に基づき、独立した中立的な立場から、取締役の監視等適切な職務が遂行されることを期待し、監査等委員である社外取締役候補者として適任であることから、選任しております。

■取締役会
14/14回(100.0%)
■監査等委員会
17/17回(100.0%)