ニュースNEWS

2021年01月04日 企業情報

2021年 社員への年頭挨拶の要旨

2021年1月4日
株式会社クレスコ  広報IR担当

代表取締役 社長執行役員 根元浩幸 による、社員に対する年頭挨拶の要旨を下記の通りお知らせいたします。

年頭の挨拶

社員のみなさん、新年あけましておめでとうございます。

昨年は、世界中がコロナに振り回されました。今もコロナ禍の只中にあり、経済も大変なダメージを受け続けています。ワクチンや特効薬ができて普及するまで、この状況は継続するでしょう。また、コロナによる活動制限で物理的な分断が進み、世の中の常識が急速に変わってきていると感じます。
私たちの属するITサプライア業界も業種や会社によりますが、総じて低迷した1年でした。しかし一方で、テレワークや非接触業務に代表されるデジタルの適用も急拡大しており、今後の世の中の大変化に向けてITのニーズは、地下にマグマが溜まるごとく蓄積されているとも感じます。

昨年は、コロナ禍の中、社員のみなさんの努力で無事に事業継続できたこと、心から感謝しています。業績は当初計画までは届いておらず、種々の施策やイベントが実施できませんでしたが、その中でも在宅中心の勤務への移行がスムーズにでき、適応力を発揮できたことは、成果でした。
今年は、アフターコロナにおけるITニーズの再拡大に備える年と考えています。コロナが落ち着けば、ITのニーズは一気に顕在化します。それに備えて、みなさんは今まで以上に『外向きの行動』を積極的にとってください。

ここ数年で社内への情報発信は、大きく前進しました。外部への情報発信も、5ケ年ビジョン「CRESCO Ambition 2020」のテーマのひとつであるエバンジェリズムを発揮し、外部講演やセミナー開催をはじめ、論文・本・エンジニアブログ等の執筆などは増えています。しかしながら、クレスコの知名度は、未だ高いとは言えない状況です。もっと積極的に、事業面で事例や強み、会社の取組みをスピーデイーに発信しなければ、DX(デジタルトランスフォーメーション)戦国時代において、多々あるITサプライアの中で埋没しかねません。
会社としては、ホームページやネット広告など、デジタル媒体を中心とした情報発信、広報・マーケティングを積極的に行い、事業の拡大に繋げていきます。社員のみなさんも、激動の世の中に対する観察と外向きの行動を心掛けてください。

最後に、新年度からみなさんに直接関係する話として3つのことを紹介します。

  • 新人事制度
    昇格・昇給における年功、資格等の要素を少なくし、実力本位で、社員の専門性を追求、また多様性を認める、クレスコ憲章にも基づいた制度です。4月より適用します。
  • スペース戦略
    昨年に在宅勤務が進んだことにより、使用されていないスペースが多くなっています。今年はプロジェクトフロアを集約し、オフィスの最適化を目指したレイアウト変更を実施します。
  • クレスコフェア
    全社を挙げて行うクレスコの伝統ある祭典です。昨年11月に5年ぶりの開催予定でしたが、コロナ禍のため開催を見送りました。今年はコロナ禍でも開催できるよう、秋にオンラインで実施する予定です。作品の展示、プレゼンテーション大会に加えて、クレスコの事業や強みを、社内外に発信する機会と捉えています。

2021年がみなさんにとって、健康で充実した一年となることを祈りつつ、新年の挨拶とします。

以上